Story

ストーリー

お食事で使用する野菜は「あちゅらむ農園」と「森脇ファーム」さんの物です。

どちらも無農薬野菜を作っている農園です。​

​ジビエは安芸高田市産の鹿を主に使用しています。

_v1a1245.JPG

あちゅらむ農園

2014年より無農薬はもちろんのこと、無肥料、草生栽培という慣行農法では考えられない方法で野菜を作ってきました。

​いわゆる”自然農”という方法です。

現在はマイクログリーンをメインに育てています。管理の容易さから水耕栽培が多いですが、土から育てたマイクログリーンは味わいが全く違います。

一つ一つの野菜の味がしっかりしているので、塩とオリーブ油だけでも十分美味しいサラダが完成します。

​カナダのファームステイを経て突然、農家を目指した農場長。

​夏の猛暑でも冬の極寒でもひたすら野菜と向き合い、農家が本当に好きなんだなぁと思います。

​愛をたっぷり与えられて育ったサラダをぜひお楽しみください。

_v1a1428.JPG

森脇ファーム

森脇ファームさんは、宿から徒歩5分の所にあります。

森脇さん夫婦は代々続く農家という訳ではなく、お二人で農園を造り上げてきました。

​イギリスのファームがモデルになっているらしく、綺麗に整備された畑はとても穏やかな空気が流れていて、行くだけで癒されます。

雰囲気だけではありません。

その野菜の味は本当に美味しいんです!

主にイタリア野菜を育てており、カラフルで珍しい野菜が沢山あります。

「うちは普通の野菜がないからね!」

​と笑顔で言う森脇さん。

食べ方を聞きながら収穫するのも楽しみの一つです。

森脇さん夫婦の人柄が野菜に表れているのでしょうね。

全国からレストランのシェフが視察に来るのも頷けます。

_v1a1729.JPG

安芸高田産ジビエ

安芸高田市は鹿が多く取れます。​

その鹿は安芸高田市の処理場に持っていかれ捌かれています。

工場長をはじめとした捌きのプロ集団が適切に処理した鹿肉は、初めて食べた方でも美味しいと言われます。

処理の方法や個体で大きく味が変わるジビエは難しさもあるのですが、安芸高田市の処理場から買うジビエは信頼できる味なので、東京の星付きレストランでも取り扱われています。

最近ではジビエ認証制度を取り、ますます

安全な美味しさを届けてくれる様になりました。